ノーマルVSアフター

画像

ノーマルマフラーとアフターマフラーの差は如何な物か軍配はどちらに・・・
今回、軽量クーリングファンをノーマルへ戻すついでにマフラーもノーマルへ戻して、
その違いを検証してみました。(軽量ファンは噂どうりに油温が上がります)
とりあえずノーマルをポン付けしてみると、まずキャブセッティングが合ってない様で吹け上がりが鈍く感じます。 駆動系もW/Rが軽過ぎの症状で回転の上昇に比べて空回り気味になっています。
通常ならばノーマルマフラーの時のセッティングへ戻せば簡単ですが、マフラーを交換してからエンジンやキャブやらチューニングしている為、リセッティングは1から出直しです。
ノーマルマフラーの程良いセッティングを取ってみると、まずはキャブセットがMJワンランクダウン(#112)、SJはそのままでも良さそう、駆動系はW/Rをトータルで2ステップ(12g)重くする程度が丁度良い感じです。
走行テストのフィーリングは高回転でのエンジンのパンチが落ちてしまい、エンジンの最高回転も500rpm以上ダウン最高速もそれに伴いダウンしていますが、ハイギヤが効いている為意外と不満は無いレベルに収まっています。
こうなるとノーマルマフラーは全然ダメじゃんと言う感じですが、中低速のトルクがUPして乗りやすい事から暫くノーマルで乗ってみようと思っています。
 余談その1、フルノーマルのエンジンでマフラーだけ替えてもパワーダウンすると良く言われていますが、わたしもその意見には賛成です。
そんな中でも最近発売されたベリアルのレース用マフラーあたりは良さそうな感じがしますが、ノーマルシグナスのエンジンは2st乗り換え組からするとパンチが無さ過ぎかもしれません。
ちなみに私のシグナスは圧縮比9.6をハイコンプピストン+ヘッド面研で12.0へ上げてアフターマフラー+エアクリボックス加工にCVK30やらCDIやらチューニングして、これなら良いと言うレベルです。
本来ならば過激なボアアップでもすれば良いのでしょうが補機類のセットアップと消耗が激しそうなので、通勤仕様ではそこまで踏ん切りがつかない・・・・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック