電気系統トラブル

全開走行中エンジンがブローしたか?と思える突然のスローダウン発生。
惰性で走行している間に若干不調ながら復帰。
とりあえずエンジンのO/Hを視野に入れつつ暫く様子を見ることに。
その後時々エンジンの吹けが悪くなることも有ったが、始動性が悪くなる程度で
半月位無難に経過。
数日前に巡航中に絶不調に陥りエンジンが失火したと思うと急に復帰したりで
走りがカックンカックン状態に。状態を例えて言えば映画ビバリーヒルズコップの中で
マフラーにバナナを突っ込まれてカックンカックンしてるパトカー状態。
そんな状況になる原因は点火系統しか考えられずCDIをノーマルに交換して復帰。
青いCDI寿命短かったですな・・・低中速のレスポンスが良かっただけに惜しい

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック