タチウオ、青物五目(渡辺釣船店)

相模湾でマグロが釣れ出したとの情報から、三浦半島の某ルアー乗合船へTELするも延々電話が繋がらず断念。
仕事終了が遅かった事も有り、予約無しで東京湾の1日船へ出掛けてみる事に。

船宿 渡辺釣船店 出船時間7:00
URL http://blog.watanabetsuribuneten.com/
船代 ¥9000  氷代¥200 駐車場¥500

タックル ロッド:メジャークラフトOBS60LJ テールウォークスナッチ80
     リール:シマノ ソルティーワンHG 05バイオマスター4000 
ライン PE 0.8、1.0号 リーダー 30lb
ルアー メタルフリッカー 60g ブランカ 100g 
フック タチウオ用 トリプル アシストフック早掛ダブル3/0

本日の乗合客は私を含めて2名
朝の挨拶時に船長よりタチウオの状況が思わしく無いので、早めにイナダに切り替えても良い?と言われる。
渡辺釣船店は大昔マゴチ釣りに通った事が有り、近年ではシーバス乗合に乗った勝手知ったる釣り宿である。

画像


はじめポイントはタチウオ船団の中でタナは20~30m、少し粘るもタチウオの喰いが渋い様でアタリ無し。
途中で場所を移動してワカシのポイントに入るも小物が釣れる程度で、再びタチウオポイントへ戻る。
まわりの船もタチウオを上げてる姿が見えず、ジグのカラーやら重さを変えて粘っていると、軽めのジグをキャストした所でアタリが出て、上がって来たのは小型のタチウオ。
その後もアタリが無くイナダ狙いにポイント変更となる。

画像


イナダのポイントに到着し、水深20m程度の為水面までジギングを開始する。
早々にワカシがヒットするが、リリース。
1日船なので時間は充分に有るしと、ベイトタックルでワンピッチでノンビリとジギングを続けているとイナダがヒット。

画像


2匹目のイナダをキープした所でオカズとしては充分なので、その後は全てリリースとした。
追加で太目のサバとカサゴをキープ。
船長にサバは松輪の港に上がれば高級魚でっせ旦那と、笑いながら良い雰囲気で釣りが楽しめた。

後半はスピニングタックルで、ピンク系のジグをロングジャークさせると連続で入れ食いとなり、1日釣りを楽しんだ所で帰港となる。

画像


イナダは刺身、なめろう、塩焼、手毬寿司に、カサゴは刺身で豪華な夕食となってます。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック