タチウオ ジギング(長谷川丸) 午前船

夏タチの季節になり東京湾の釣果情報をリサーチしてみた。
浅場主体で先週あたりは爆発的に釣れていたが、ここ最近は低迷気味な様だ。
潮回りが変わり調子が上向く事を期待しながら、今回は横須賀の長谷川丸から出る事に。


長谷川丸 出船時間7:15
URL http://homepage3.nifty.com/hasegawamaru/index.html
船代 ¥5500 (\6000から割引¥500) 氷代サービス 駐車場¥500
タックル ロッド:メジャークラフトOBS60LJ テールウォーク スナッチ80
     リール:シマノ ソルティーワンHG バイオマスター4000 
ライン PE 0.8、1.0号 リーダー 20lb+フロロ12号
ルアー  メタルフリッカー60g 80g   
フック タチウオ用トリプル

今回ルアーは私のみで、エサ釣りの方が6人くらい乗り定刻に出船。
船長よりタナは10m以内で、水面近くで食って来るとアドバイスを受ける。
長谷川丸の船長はいつも優しい。

画像


浅場の釣りが予想される事と午前船で時間が短い事から、タックルは軽くスピニングとベイト1本づつで。
ジグも60gと80gゴールド系をチョイスしてみる。

画像


ポイントは港から近い第2海保沖で、すでに船団が固まっている。
水深25m位でタナは10m以内とアナウンスが有り早速釣り開始。

画像


水深が浅いため、広範囲を探れるスピニングタックルに60gのジグを付け、キャストして斜め引きの感じで探りを入れる。
巻きのスピードを変えてゆくと数投で小型タチウオがヒット。
同じ様なサイズが続けざまにヒットするが、このサイズは全てリリースとした。
ヒットは水面近くが多く、水面近くまでタチウオが追って来るのが見えるくらい活性が高い。

画像


その後アタリが遠くなり、キープサイズが時々釣れるが相変わらず小型が多い。
タックルをベイトに替えてみると、フォールでアタリ出ているので早巻きからフォールでアタリを取っていると、ボトム付近のフォールで良型がヒット。
ミヨシなのでチョッと高さが有ったが、バットに乗せて躊躇わずに一気に抜き上げる。

画像


今日はどうも私の巻きのタイミングが良く無かった様で、アタリの殆どをフォールで取る感じでした。
後半怒涛のアタリが出て巻きで連発しましたが、感じとしては速いピッチの高速巻きが良かったみたいです。
この辺を色々探っていくのが、タチウオジギングの面白い所。

夕飯はタチウオの刺身とムニエル+レモンソースにしてみましたが、脂が乗ってい居て結構旨いですね。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック