スピニングリールのサイズ

スピニングリールのサイズについて。
私はシマノの製品を使う事が多いので、シマノの番手で見てみると。

画像


左から6000番 4000番 C3000番

ボディーの大きさは、C3000と4000は殆ど変らず、6000から大きくなっている。
ボディーが大きい6000とか8000の方が当然巻き上げ力が強いので、魚が掛かった後にゴリ巻きする場合など、リールのパワーでゴリゴリっと巻けるので、下手にポンピングしながら魚を上げるよりバレにくい利点がある。
しかし大きいリールは大きい分重い為、ライトジギングロッドに組み合わせるとバランスが悪かったり、一日シャクっていると途中で疲れてリズムが狂ったりと、自分の体力と相談しながらリールサイズは決定したい。

私はシマノのリールが好きなのと、ライトタックルチャレンジ派なので、近海ジギングでは殆ど4000番を使用。
釣り物によってラインの太さをPE1号~2.5号で使い分けているが、フィールドに合わせて、スペアスプールも数種類持っていいると良いですね。

スピニングに限らずリールメンテは、ドラググリスを入れ替えが結構重要なので、リールの高い安いに係らず時々メンテナンスしてあげてください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック