初期のメタルジグ

ジギングを始めた頃に良く使用していたジグ。
上からマリアラフェスタ、マリアカーニバル、タックルハウスP-BOYジグ。
この他にも色々使っていたが、ほぼこの3種類をメインに使っていたと思う。
ウエイトは3ozクラスで、水深150m位までナイロンラインで頑張って使用していました。

画像


断面を見ても判る通り、全てテールバランスになっている。
当時聞いた話では、テール側を重くする事で、潮流の速いエリアでも、テール側からストレートに落ちてゆく為、ボトムまで早くジグを落とす工夫だった様です。
これはナイロンラインの抵抗でジグがボトムに落ちにくい事を、ジグの形状でカバーしようとしていた感じになります。
ジャークもジグアクションを意識するより、出来るだけ早くロングジャークでシャクらなければ、と言う時代でした。
まさに根性ジギングだった訳ですが、これで10kgオーバーの魚が掛かるから、かなり熱中してしまって今日に至った訳です。

画像


時代は流れ、その後200g以上のジグが登場した頃のジグ達。
上からスキルジグ13oz、ラフェスタ200g、カーニバル180g
スキルジグ以外はテールバランスになっています。

画像


そして南方で使用したジグ達の画像。
どのジグでも魚を釣り上げているのですが、魚の歯型がはっきりしてる左側2つのジグには違いが見て取れます。
スキルジグはジグの中央へアタックされており、ラフェスタはジグの下側にアタックされていますね。
スキルジグはシャクった後に、ジグが横向きになり食わせのタイミングを取る動きをすると認識していましたが、魚がどの様にジグにアタックしてくるのか、あまり考えていませんでした。

当時ちょうどアシストフックが登場し始めの頃で、私たちはどちらかと言うとその効果に懐疑的だったのですが、この結果からアシストフックを試すようになった感じです。

画像


まだアシストフックへの過渡期の頃、アシスト+トリプルで釣り上げたカンパチ。
トリプルフックが主体で、アシストフックは補助的に使用したつもりですが、アシストの方に食付いています。

画像


今ではジグの種類も豊富で、センターバランスや非対称形状、またスロー系のジグと多彩なジグが発売されていて、ジグのアクションやフックのチョイスやセットの仕方と、試してみたい事が色々有って面白い反面悩ましくなった感じですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック