アマダイ(ライト) 一俊丸 

1カ月ぶりに釣りに出掛けられる事になり、今回はアマダイに出掛けてみた。
アマダイ釣りは外道に鬼カサゴが釣れたりするので、一応スロー系のジグも持ってゆく事にする。

船宿 一俊丸 出船時間7:00
URL http://kazutoshimaru.net/
船代 ¥9000(ネット予約割\500) 付けエサオキアミ 氷付き
タックル ロッド:テールウォーク スナッチ 120
     リール:シマノ バイオマスターSW4000XG  
ライン PE 1.0号 リーダー フロロ 20lb
仕掛け 市販がまかつアマダイ仕掛けショート キス用天秤21cm  
オモリ 35、40,50号
 
11月下旬ともなると出船時間の7時でも薄暗い感じだが、気温はそれほど低くなく手袋がいらない位の陽気。
ポイントは港をでてすぐの茅ヶ崎沖から江の島沖。

画像


今回のタックルは、スピニングのライトジギングロッドにハイギヤのスピニングリールの組み合わせ。
ラインはPE0.6でと思ったが、オマツリを考慮してPE1.0号に。
オモリは勝手がわからないので、30号から50号を準備しておき、天秤は軽量なキス用天秤の21cmを使用チョイス。
仕掛けはスタンダードの2mでは無く、1.6mのショートな物を使用してみた。

画像


茅ヶ崎沖の60mラインで開始、オモリは35号で始めてみる。
開始1時間くらいで30cmクラスがヒット。
どうも生命反応が薄い感じがしていたので、ベタ底中心に攻めてみたら運よく掛かった感じだ。
この時に隣の方とオマツリしてしまい、オモリを35号から40号にチェンジする。

画像


アマダイ釣りの経験は少ないので釣り方のパターンは判らないが、アマダイはベタ底で落ちて来るエサを意識していると思い、フォール中心の攻めを意識してみた。
ポツンポツンと釣れる感じで、60mラインから90mラインに移動。

画像


この釣りは細かく煽ったり大きく煽ったりと、色々誘いを試してみるのが結構面白い。
その中で、大きく煽ってフォールさせる釣り方でヒットしたアマダイが今日一の40cm。
その後も同じパターンで掛けるが、それで連釣し続けるとは限らない感じで、そうそう甘くない釣りと言う感じはしますね。
結果は7匹でしたが、アレコレ試しながら釣るのが楽しかったので、今回はスロージギングの出番は無しでした。

アマダイは煮付けと、鍋や汁物と洗いで食べてみましたが、洗いが結構旨かったです。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック