青物ルアー (鴨下丸)1日船

このところ仕事が忙しく、お疲れモード全開なので近場へ出掛ける事に。
ちょうど鴨下丸でサワラやワラサが釣れている様なので、今回はジギングメインで出かけてみた。

船宿 鴨下丸 出船時間7:00
URL http://www.kamoshitamaru.net/index.html
船代 ¥9000(HP割引\500)  氷付き 駐車場¥500
ロッド: テールウォーク スナッチ 120ベイト スピニング  メジャークラフトOBS60PE
リール:シマノ  クラド300H バイオマスター4000 
ライン PE 1.5号 リーダー 40lb
ルアー  メタルフリッカー120g TDソルティガペンシル
フック トリプル3/0 早掛けアシスト3/0 他

12月中旬ともなると、朝6時半でも周囲は暗い。
気温も3℃と、今年は冬装備が早めに必要な寒さだ。

画像


今回ジギングメインだが、船宿情報からキャスティングロッドも1本セットしておく。

画像


ポイントの観音崎まで暫く走り、その間寒いのでキャビンで休憩する事に。
観音崎へ到着すると、鳥が旋回しており所々でボイルが出ている。

早速キャスティングタックルを手に、ペンシルを投げるもガイドにPEが突っかかってライン切れ。
スペアスプールに交換し、気を取り直してキャストを続けるも、なかなかヒットせず。
同船者がサゴシクラスを次々とヒットさせ、今日の好調感を予感させる状況に。

それに比べて今日の私は、疲れているからか?どうも頭の中に霞が掛かった感じで、シャキッとしない釣りが続く。
時々アタリが有るも乗らず、しまいにはキャストした際にPEに指を引っ掛けて、再びPE切れを起こす始末。

画像


ルアー2個も飛ばしてしまうし、どうも調子が上がらないのでジギングに変更する事にする。

サワラは頻繁に表層に出ているので、130gのジグをキャストし20m位沈めて横引きショートジャークで攻めてみる。
早速アタリが有り、寄せに掛かるもバラし。
再び掛けるも、またバラし。
どうも負の連鎖にハマったか?と言う調子。

気を取り直す意味もあり、ジグを80gのメタルフリッカーにチェンジしフックはワイパーコア付きの太軸トリプルへ交換してみる。
早々にヒットし何度か鋭い突っ込みを見せるので、タモを持つ船長とワラサ?、と言う引きをみせて上がって来たのはサワラ。

画像


良いオカズは釣れたので、今度はボトムから20m位を攻め続けてみると、今度はイナダがヒット。

画像


ジグは色々試してみたが、ゴールドでもブルーでもピンクでもヒットしていたので、魚の活性は非常に高かったのでは無いかと思われる。

画像


その後は観音崎から剣崎方面に移動するも、ワラサのヒットは無く私はサゴシやサワラをキャッチして終了。
同船者はマダイやワラサのキャッチもあり、サゴシ、サワラは20本近く取っている方がいて、今日は絶好調と言う感じの一日。

画像


今回サワラ2本とイナダ1本を持ち帰り、捌いてみた結果。
一番最初に釣り上げたサワラの胃の中は空で、他のサワライナダはイワシが結構詰まっていた。
結構引きの強かったサワラの胃の中が空と言うのは、引きと何か関係が有るのか興味深い。

画像


夕食はサワラとイナダは、刺身と寿司に塩焼、アラ汁で。
やはりサワラは旨い。

画像


次回は体調を整えて、冬の魚にチャレンジしてみたいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック