シーバス大会(中山丸)

バリバスカップ スポニチ東京湾シーバス釣り大会へ、今回は中山丸からエントリー。
中山丸は川崎なので自宅から近く早めに船宿に着いて、久々に会った釣友と近況を語り合う。

船宿 中山丸 出船時間7:30
URL http://blog.nakayamamaru.com/
船代 ¥10000 (大会参加料込み) 
タックル ロッド:テールウォーク スナッチ80
     リール:シマノ ソルティーワンHG 
ライン PE 0.8 リーダー 16lb
ルアー  メタルフリッカー80 120g 
フック アシストフック早掛ダブル3/0 自作 

気温は低いが港は風も無く穏やかなスタートとなるが、予報では若干風が強い様子。
私たちは10名で参加だったので、右舷側になり私は後方で釣りをする事に。
とりあえずポイントまでは寒いので、キャビンに入って休憩する事にする。

画像


シーバス大会は沖合で各船宿の船が集合し、大会開始となる。

やはり沖は北よりの風が若干出ていて、かなり寒く感じる。

画像


ポイントは近く、各船が集まって釣りをする展開になり、状況はあまり良く無いのか?と言う感じだ。
とりあえずジグはピンクの80gで早巻きからフォールさせながらアタリを待つスタイルで始めてみる。

画像


狙いとして、船長から底から5m程度に反応とアナウンスがある。
今日は色々巻きやらジャークを試してみるも、サッパリアタリ無く時間が過ぎてゆく。
船中ポツ~ンと時々魚が上がるが、状況的に釣れないオーラが出まくっている状態。

どのくらい時間が経ったか忘れた頃、巻きでようやく1匹釣り上げる事が出来た。
その後、時々フォールで軽くアタる感覚が有る程度で、沈黙状態が延々続く事に。

画像


釣れない状態で、後半戦に突入。
周りでポツポツ釣れ始めて、チャンスタイムか?と感じていると、隣の野呂氏にヒット。
タモいります?と聞くと。小さいとの事で安心していると、途中から良い感じの引きを見せて、上がって来たのは今日一サイズの77cm。
風で網が靡いて、やりずらかったが無事にタモ入れ出来て良かった。

この時合で、私も1匹追加する事が出来たが、検量外のサイズに終わってしまった。

画像


今日はパターンとかジグの種類とかより、魚が掛かればラッキーって感じのコンディションだったと思う。
と言うのも廻りで使ってたジグは、カラーやサイズバラバラだったから。
でもピンクは結構良かったのかも?

次回は外房あたりに行ってみます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック