ライトルアー (島きち丸)

今回は午前船で島きち丸のライトルアーに出掛けてみました。
前日に1/0と2/0のシングルアシストフックをバーブレスで作成し、ジグはワカシ用に30gから準備。
早朝車に乗った時の温度計の表示は30℃、江の島に到着すると26℃と内陸の方が暑さが厳しい様です。

船宿 島きち丸 出船時間6:00
URL http://www.kamoshitamaru.net/index.html
船代 ¥4400  氷付き 駐車場無料

タックル ロッド: メジャークラフトOBS60LJ テールウォーク スナッチ80
リール:シマノ バイオマスター400 ソルティーワンHG   
ライン PE1.5号 リーダー フロロ8号
ルアー  メタルフリッカー60~80 マリアシーフラワー40g その他40~120gジグ
フック オーナー 早掛シングル 1/0 2/0(自作) バーブレス

ライトルアーは船長にお久しぶりと言われる位、島きち丸のルアー系は久々です。

画像


今回タックルはベイトとスピニング1本づつ、前回のタチウオのタックルそのままでリーダーを30jbとPEを1.5号に組み替えて使用。
朝方ワカシを狙うと思われるので、スピニングに軽いブルー系の35gジグをセットしておく。
ベイトタックルには60gのメタルフリッカーをセット。

画像


最初のポイントは港を出て少し走った所の烏帽子岩内側のポイント。
水深20mチョイなので、スピニングの速いショートピッチで攻めてみる。
アタリが無いので、早巻きやロングジャークを試すも反応無し。
水色が濁り気味な感じなので、ジグをピンク系にチェンジして数投でボトムでアタリ。
殆ど引き込まないので何かと思っているとカサゴ。

カサゴ狙いで出た時には全く釣れず、予想外の時に釣れちゃってくれました。

チョッと反応無い様なので、このポイントを諦めて移動となる。

画像


次のポイントは馬入川(相模川)河口から大磯寄りの定置網付近。

画像


今度の場所は、さらに濁りが出ていてジグカラーはピンク系とダーク系をチョイス。
ジャークはゆっくり目のロングジャークかショートピッチで攻めるが、フォールでアタリが頻繁に出る。
ここでサバが入れ食いになって、120gのセミロングジグですら丸飲み状態。
ポイント的にタチウオでも出ないか?と思い、ダーク系のジグでボトムから探ってみましたが、そうそう甘いモノじゃなくサバのみでした。

画像


残り1時間で戻いながら、朝の烏帽子内側のポイントに入る。
ピンクのシーフラワー40gを早いショートピッチで巻いてくると、今度は水面までワカシが追って来るのが見えます。
水深が20mと浅いので、ジグを軽くキャストしてジギング距離を若干稼ぎながら、ジャークしてくると早速ワカシがヒット。
水温が高いので基本早いショートピッチなのですが、微妙に緩急を付けるとアタる事が多いです。
ワカシの活性が高く連続ヒットするも、どうもサイズが小さいので、60gのピンク系ジグのベイトタックルへチェンジしてみる。

艫の方で船長がタモの用意をしているので、良い型か?と見守っていると良いサイズのイナダを釣り上げている。
釣り上げたのは小学生の女の子で3kg近くあった様子。(お見事!)

ライトルアーと言っても、時より良いサイズが上がるから油断出来ない。
ジグが水の中に入っていれば、誰でもチャンスが有るので結構面白い釣りです。

画像


お刺身サイズが釣れたので、おかず釣りを満喫させてもらいました。

画像


ワカシの刺身が思ったより旨かったのと、タタキをヅケ風にしたものが私は好きですね。
サバはバサバサ感も無く味噌煮が結構旨いですよ。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック