マゴチ (だてまき丸)

仕事の都合やらで2カ月ぶりの釣行になりました。
当初ジギングのタチウオか青物系にするつもりが、今回は横浜だてまき丸からハゼエサのマゴチに出掛ける事に。
この時期のマゴチはやった事が無く、正直どんな感じなんだろう?と言う興味もあった。

船宿 だてまき丸 出船時間6:30
URL http://www.datemakimaru.com/
船代 ¥9300   駐車場 近隣コインP¥900 氷のさ=ビスは無いので事前に調達する必要があります。
タックル ロッド:シマノ幻波0号 270(インナーガイド)
     リール:シマノ ソルティーワンHG  
ライン PE 1.5号
ハリス 5号、バリバスショックリーダー 20lb
フック カイズ 14号 マルセイゴ16号 
オモリ 三日月15号
エサ  ハゼ

今回ルアーでやったらどうかな?とも思ったが、ハゼエサに幻波マゴチ27の1本竿で狙う事に。
仕掛けは船宿の仕掛けを買って、オモリも船宿の三日月15号を使用。
私の様にマゴチなどムーチング系の釣りを時々しかやらない場合、船宿の仕掛けを使用するのが一番無難ではないかと思う。

画像


ポイントは海保付近で、1時間ほどかかる。
狙う水深は20m程度で風が若干あるが、特に釣りに支障は無いレベル。
ハゼエサの場合、エサ付けも上顎に針を掛けるだけなので、エビの様に難しくは無い。
仕掛けをゆっくり落として、短い間隔で底取りに注意してアタリを待つ。

画像


開始から1時間くらいでアタリが有り、竿をかなり送り込んで大きくアワセる。
良い手応えを見せて、上がって来たのは良い型のマゴチ。

画像


その後はマゴチを追加し、今までより大きく引き込む前あたりがあり、水面まで竿を送り込んで大きくアワセると再び良い感じの手応え。
今度はヒラメだ。

11時半くらいで風が強くなり早上がり。

今日は巻き上げ途中のバラシが3回有ったので、打率は5割と言うところ。
感想として、アタリが出てラインを張らず緩めずの感じで送り込むより、アタる度に引き込みに合わせて送り込み続けた方が良かった感じがした。
この辺の駆け引きが楽しいのも、この釣りの楽しさではないでしょうか。

画像


今日は冬に入ってきたので、刺身とアラ汁にしゃぶしゃぶにしてみました。
やはりと言うか、結構旨い。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック