マゴチ (だてまき丸)

今年ラストの釣行は、昨年同様に横浜だてまき丸からマゴチへ。
ジギングも考えたのですが、タックル準備状態だったので今回はエサ釣りで。
マゴチは軽い仕掛けと、食い込みまでのやり取りが結構好きですね。

船宿 だてまき丸 出船時間6:30
URL http://www.datemakimaru.com/
船代 ¥9300   駐車場 近隣コインP¥900 氷のさ=ビスは無いので事前に調達する必要があります。
タックル ロッド:シマノ幻波0号 270(インナーガイド)
     リール:シマノ ソルティーワンHG  
ライン PE 1.5号
ハリス 5号、バリバスショックリーダー 20lb
フック スズキ針
オモリ 三日月15号
エサ  サイマキ

タックルは相変わらず年代物のインナーガイド幻波マゴチ。
恐らく折れるまで、この竿を使い続けるんじゃないかと思う。

画像


仕掛けも船宿仕掛けを1セット購入。
サルカン部分も編み込みしてあって、仕上がりは良いと思う。

画像


まだ暗い中出船。
厚着していても、寒さ慣れしていないので結構寒い。

画像


ポイントは千葉に近い海保方面。
風が弱いので思ったより快適に到着。

画像


最初のポイントは水深7m、仕掛けを落としてハリス半分くらい上げてアタリを待つ。
初っ端からアタリが出て、竿で送って引き込みが有った所で合わせるも空振り。
「ちょっと早かったかな?」と言う所で、気を取り直してサイマキを付け直して投入。

一度底を取り直した直後に再びアタリが出る。
グイグイとアタる度に竿を送り込み、かなり慎重に送り込んでゴゴッと来た所でアワセを入れた。
今度はフックアップに成功し、ゴリゴリ巻き上げて無事ネットイン。

画像


幸先よくキャッチしているので、その後の展開に迷いが無く、棚取りに気を使いながらの釣りとなる。
今日はポイント移動を繰り返し、水深7~20m位を狙っていました。

同船の方が4kgのヒラメを上げたりと、なかなかエキサイティングな展開を期待させます。

画像


その後アタリはそれ程多く無かったのですが、イカに食われたりしながらアタリが上手く取れたのが2本と言う所です。
今日のイメージ的に、アタリが有ってからかなり食い込ませた方が良い感じでしたね。

型は40cm前半から後半のサイズで、わたし的には充分満足かな。

マゴチは食い込みを確信して、アワセが決まった時の何とも言えない重量感が良い。
他の方のアワセが決まった姿をみていても、結構気分良いモノです。

画像


マゴチは刺身と鍋にしましたが、やはり冬場は鍋が一番ですね。

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック