シーバス⇒アジング ボート  (KAZUボート)

今年の初釣りは仲間と再び木更津のシーバスチャーターへ。
前日若干風が出るかな?と言う感じの予報だったが、友人から「風が強くて沖合に出れないから、ジギングとアジングの準備も宜しく」と連絡がくる。
急遽タックルをライト目に変更して、あり合わせのジグやらワームも準備する。

船宿 KAZUボート 集合時間7:00
URL http://kazuboat.blog.fc2.com/
船代 ¥40000(チャーター料金) 乗合も有り 氷なし  
タックル ロッド:メジャークラフトOBS60LJ OBB64TR CRJ-S802TENYA  
リール:シマノ ソルティーワンPG バイオマスター4000 センシライトMG3000
ライン PE  0.6 0.8、1.0 号 リーダー フロロ 16lb 20lb
ルアー メタルジグ、ワーム、メタルバイブレーション、スピンテールジグ35g    
フック 各トリプルフック 

出船前に船長から、シーバスは状況悪くアジングが好調でしたと話しがある。
まあ仲間内でのチャーターなので、そんな話はあまり気にせず緩い雰囲気。

画像


朝方の港付近
穏やかな雰囲気の中、出航。

画像


はじめはこんな感じのバース周りをジギングで攻めます。

画像


早速スピニングタックルでジグをストラクチャーの奥に送り込んで、まき始めると底から5m位でアタリが出て「おや?」と思いながら巻き合わせ気味にやり取りを始めるも、何かに巻かれた様でラインブレイク。

気を取り直してベイトタックルの替えて攻めるもアタリ無くポイント移動。

画像


船長のアドバイスもあり、テンヤ用タックルにアジング用ジグへスイッチ。
45gのジグと比較しても、かなり小さいジグを使用します。

画像


アジ狙いでポイント移動を繰り返しますが、状況が良くない+風も出てきて悪コンディション化。

画像


船長おすすめのジグサビキも試すが、沈黙が続きます。

友人がジグサビキでアジを仕留めたが、この日唯一の釣果となる。

画像


貴重なアジを頂いて、お造りにするも寂しいので、北海道から送ってもらったイカとタコを添えてみました。
アジは普通に旨かったですね。

画像


全く良い所がなかったので、サラッとした釣行記になりましたが、来月もシーバス行くと言う事になり、
次回はどんな釣りになる事やら。(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック