葉山テンヤ、タイラバ、ルアー釣り(プレジャーボート)

久々に知人のボートで葉山から出船のお誘い。
マダイ狙いと言う事なので、テンヤ、タイラバ、その他狙いでスロージギングのタックルを準備。
タイラバも90~120gと重めを使用するため、ライトジギングロッドでタイラバとスローを兼用。
今回はロッド2本にスペアリールとスプール1個の軽装です。

出船時間5:00

タックル ロッド:テールウォークSALTYSHAPE DASH TENYAS83ML テールウォークスナッチ120
     リール:シマノ センシライトMG3000 クラド300JH
ライン PE 0.6 0.8、号 リーダー フロロ2.5号 16lb
ルアー  テンヤ10号  タイラバ120g スロー系ジグ150g
餌 エビ

気温も高く風も無い絶好の釣り日和。
軽くタックルを準備して出港。

画像


今日はコマセタックルが2人とテンヤ、タイラバ2名の4名でポイントに向かう。
風波も無く若干昨日のウネリが残っている程度の凪日和の中、ボートは全開で葉山沖のポイントへ向かう。

画像


ポイントは75mラインの根回り、早速シーアンカーを投入。
シーアンカーが有ると、軽いテンヤやタイラバを使う時は助かります。

画像


コマセチームが準備している間に、テンヤタックルの私は早速釣りを始める。
テンヤは8号か10号か迷ったが、とりあえず10号で始めてみます。

画像


風が無く潮の流れも緩いため、テンヤの着底も比較的わかりやすい。

コマセタックルの同僚に「コマセの仕掛けを入れる前に、テンヤで釣ってしまいますよ」とか冗談を言っていたら、早速アタリが来た。
若干クビを振る感じのアタリだったが、あまり抵抗される感じも無い。
80m以上ラインが出ているので上がってくるまで少々時間が掛かる。
オニカサゴ?と予想していましたが、上がって来たのはカサゴ。

画像


今日は幸先良いかな?と一人ほくそ笑んで釣り再開。

コマセマダイの同僚の準備が遅々として進まないので様子を見ると、顔色が悪く手の動きが止まってます。
この凪で船酔い?って感じですが、周期的なウネリと寝不足が酔いを誘った様です。
今にも死にそうな顔だったのでマダイの仕掛けをセットしてあげて、なんとか釣り開始に漕ぎ着けます。

しかし今日の微妙なウネリは他の釣り人にも襲い掛かります。
気が付けば、開始1時間で私以外の3人が船酔い。

そして魚のアタリもパッタリとなり、雰囲気は修行の釣りへ。

途中で中層付近に魚探反応が出て、テンヤの落とし込みでアタリがでますが、掛かって来たのはフグ。
水面まで他のフグが5匹くらい付いてきて、フグ祭り開始か?と言う勢い。

画像


次第に風が出てきて船が流される様になると、テンヤでは底取りが難しくなりタイラバへスイッチ。
どうもタイラバはコマセと相性が悪い傾向がある様に思う。
相模湾でタイラバは、タイのポイントをタイラバ単独でランガンするスタイルが良いのではないかな。

釣れないときの反則技、タイラバにエビを付けてエビラバにするもアタリ無し。
スロージギングも同様にアタリ無く、エビラバへ戻す。

コマセもアタリ無くエサだけ取られると嘆いています。
船酔いしていて対応策が取れない様なので、ロッドをライトにしてアマダイ仕掛けが有ったのでそれに交換。
なんか適当なタックルチョイスが功を奏した感じで、アマダイとメバル、カサゴをゲットしていました。

本日は風が出てきたのと、船酔い続出で昼前に帰港。

晩飯はカサゴの刺身とアラ汁で一杯やってみました。

画像


次回は、そろそろ外房へ鯛釣りに出掛けようと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック