ショックリーダー考察 1

画像


チョッと前に釣行した際「ショックリーダーを付ける時、太さや長さはどんな基準で付けるんですか?」との質問を受けたので、関東近海オフショアだったらこんな感じでと私なりにアドバイスしてみました。

私の場合はこんな感じで。

太さは対象魚の重量と根擦れするフィールドであるか、これらの要素からある程度決める。

シーバス(キャスティング) 20lb
シーバス(ジギング)    20~30lb
シイラ  30lb
ライトジギング(PE0.8~1.5号) 30lb
ジギング   (PE2~3号) 40~60lb

リーダーの素材はフロロもナイロンも伸び率にそれ程違いは無く、ゴムじゃないのでクッション性も期待できないから擦れに強めのフロロを使用してます。


長さは必要最低限の長さを魚体の長さとして、取り込み時にリールにリーダーを巻き込んで抑えたいからロッド1本半以上は欲しい。

キャスティング ロッド1本半分
ライトジギング ロッド2~3本分
ジギング    ロッド3本分

キャスティングに関して。
リーダーが長いとキャストした時に、リーダーとPE通過時のライン放出速度に差が発生してしまうからか、PEラインにトラブルが発生する事があり極力短めでやっています。



リーダー使用の例外として、タチウオとカツオ、キメジの時はチョッと変えています。

タチウオ リーダー16lb竿1本+50lb70cm

カツオ、キメジ リーダー50lb 8m

タチウオはラインがPE0.8と細く、リーダーをライトジギングの様に長く取ってしまうと、潮の流れが比較的速いケースではジグ落とす時にサミングして縦に落としていても、リーダー部分が持って行かれて変に斜めになるのかジグの動きに影響してか喰いが落ちる様に感じます。
そんな感じなのでタチウオは、毎回色々と考察しながらやっています。

カツオ系は取り込み時の船縁擦れやオマツリ対策と、比較的目が良い魚なので率には結構長めに取っています。
またリーダーに船底の色がついてしまったりスレ傷が大きく付くと、ヒット率が大きく落ちる傾向がありますね。
カツオ以外でコマセ船に便乗した時にも、ロングリーダーが効果を発揮する事もあります。



リーダーとPEの結束やルアーとの結束も重要な要素なのですが、それは次の機会にでも。


20181011001.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック