シーバス 青物 ボート (KAZUボート)

今回は、ほぼ毎月となっている旧友達との釣行。
木更津KAZUボートをチャーターして青物&シーバス。
事前にイナダ、ワラサ用のジギング、キャスティング系にシーバス系のタックルを準備。

しかし前日の出船確認で、青物は良く無いのでシーバス、タチウオ狙いとなり、タックルを急遽変更。
ロッドはライトになり、ルアーはバイブレーションとジグがメインと言う組み合わせ。

船宿 KAZUボート 集合時間4:00
URL http://kazuboat.blog.fc2.com/
船代 ¥42000(チャーター料金) 乗合も有り 氷なし  
タックル ロッド:メジャークラフトOBS60LJ OBB64TR テールウォーク スナッチC80  
リール:シマノ  メタニウムXT バイオマスター4000 オシアカルカッタ200H
ライン PE  0.8、1.0 1.5号 リーダー フロロ 16lb 20lb
ルアー ミノー、メタルバイブレーション、メタルジグ40~100g、ワーム+ジグヘッド    
フック 各トリプルフック、アシストフック

出船時間を早めてもらっていたため、船着き場に4時集合。
風が出る予報のため、早々に出発。

画像


まずはシーバス狙いと言う事で、バイブレーションとワームタックルをセット。
木更津から富津方面のバース廻りでシーバスを狙うも不発。
状況があまり良く無い様子。

船長は移動を判断し、一気に南下。
第二海保あたりか?と思っていると、どんどん湾口まで進み観音崎を超えて金谷の先まで大移動。

ジギングで青物狙いか?と思っていると、シーバス狙うからミノーをセットしてくださいと言う予想外の展開。

シーバス用にはバイブレーションとスピンテールしか持って来なかったので、とりあえずと言う感じで持って来ていたショアラインR50イワシをベイトタックルにセットしてみた。
ベイトのライトジギングロッドにバス用メタニュームXTの組み合わせだが、使い勝手は悪く無く軽めのミノーでもそこそこ飛距離も出る。

ポイントは沖めの障害物と地形変化を狙う感じで、ベイトタックルでフルキャストして表層を引いてみた。

画像


一投目から友人にヒット。
私も3投目位にヒットさせて、良い型のフッコクラスをキャッチ。
ここのシーバスは結構良い引きをみせます。

画像


連続的なヒットが続き、表層でミノーを追うシーバスが良く見え楽しめます。

友人二人はスピニングタックルで狙い、ドラグを鳴らしながらファイトを楽しんでいます。

ミノーのバリエーションが少なく、アタリが遠のくものの流し変えると、またヒットと言う感じで良い釣りが出来ましたね。

ここでは友人がヒラスズキを1匹あげてます。

画像


もう充分釣ったという所で、ペン型ロッドにワームで狙ってみました。

表層付近を巻いて来ると、アタックする姿が見えるのですが、なかなかヒットしません。

障害物ギリギリを狙ってキャストすると、アタリが出たので大きく巻き込みながらアワセを入れる。
パキっと言う音とともにロッド折れ。
障害物巻かれたようで併せて根掛りで、ペン型ロッドはフィニッシュしてしまった。

ラインがPE1.5を巻いていたので、チャチなリールのドラグが出る前にロッドが折れてしまった様です。
折れたロッドの断面を見ると、当然と言うかブランクがかなり薄かったですね。
しかも穂先側はロッドの繊維が剥離してる所もあり、無茶な使い方で折れたって感じです。

画像


風が出て来たので、戻りながらの釣りでタチウオを狙うために海保方面に戻ります。

戻りは風波が出てきてロデオ状態の中、第二海保まで戻りますがタチウオ船団の姿は無く。
タチウオの状況が良く無いとの事で、木更津方面に戻る事に。

ここで船長から、シーバスを狙うか良かったらクロダイやってみません?と提案があり。
私も友人もルアーにこだわらないので、ボートからの落とし込み釣りでクロダイを狙う事に。

クロダイはハリス3号に落とし込み用チヌ針にガン玉と言うシンプルな構成で、スピニングタックルを使用して貝の塊りをフックに付けた軽い仕掛けで狙います。

仕掛けとエサは船長が用意してくれます。

画像


舳に交代で入り、ブイ廻りをランガンスタイルで狙っていきます。

私は若いころに静岡方面でクロダイの落とし込みをやっていた事があったので、釣り方とアタリの取り方は何となく判っていたので、居れば釣れるんじゃないかな?と思っていました。

最初はルアータックルなのでリーダーを繋いでいましたが、落ち方が全然ダメなのでPEとハリス直結に組みなおします。

組みなおして早々、落ち込みで3~4位でラインの出が止まり、聞き合わせすると大きく引き込まれます。
ドラグを緩めにしているので、ブイの方に行かれない様に誘導しながら無事ネットイン。

渋い釣り方ですが、魚の引きを含めて面白い釣りです。

画像


釣り上げたクロダイを持ち帰えって食べてみました。
血抜きしていますが内臓は磯臭いので、試しに身を刺身で一切れ食べてみました。
身は臭くないのですが、柔らかすぎて刺身には向きませんね。
普通ここで丸ごと捨ててしまうのでしょうが、持ち買った以上それは避けました。

生姜とニンニクで漬け込んでから揚げにしてみると、これは結構イケてます。
煮付けの方は、身も締まって臭みも無く普通に食べられますね。

昔は塩焼とかで食べてましたが、東京湾のクロダイは余程好きでない限りリリースしてあげた方が良いですね。

画像


スズキの方は、良い個体を持ち帰ったので脂が程よく乗っていました。
手毬寿司と刺身で食べましたが、寿司が結構旨いです。
あまり味を染み込ませないヅケ丼とかも良いですよ。

画像


また来月もKAZUボートにシイラあたりで行く予定です。
それまでに、ペン型ロッドを新調しなければ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック