何でも便 チャーターボート (KAZUボート)

「あのペン型ロッド持って来るよな?」から始まった今回の釣行。
前回のシーバスで折れてしまったペン型ロッドを新調。

画像


新しいロッドはガイドがアップグレードされています。
とは言っても、プレスティックか何かのガイドですね。

画像


リールは前のロッドに付いていたスピニング。
PE1.5号にリーダーはPRノットでシステムを組みます。

このリールは一回海で使用すると、ベアリングが塩害で渋くなります。
よってオイルとグリスでメンテが必要。

遊び要素満点ながら、それなりに配慮が必要なタックルですね。

画像



チャーターは木更津のKAZUボートから出船となり、今回も風が強い予報なので早めに出船となる。

船宿 KAZUボート 集合時間4:00
URL http://kazuboat.blog.fc2.com/
船代 ¥40000(チャーター料金) 乗合も有り 氷なし  
タックル ロッド:ペン型ロッド   
リール:シマノ:付属スピニングリール  
ライン PE  1.5号 リーダー フロロ 16lb
ルアー スピンテールジグ35g、ワーム+ジグヘッド    
フック 各トリプルフック、ジグヘッド


まだ暗い中を全開で南下してゆきます。

画像


第二海保まで来ると、風が強いのでタチウオ狙いから開始。

画像


タチウオはタチウオ用ベイトタックルで80gジグで探ってみる。
タチウオの反応が悪く、付近には漁師船がサバを狙って集まっているのでサバ狙いに。

サバ狙いに変更となった所でペン型ロッドへ変更。
ルアーは巻きで狙えるスピンテールの35gを使用してみる。
軽くキャストしてタダ巻きで攻めてみると早速ヒット。
若干走られるも、無事鯖をランディング。
東京湾の金サバになりかけの個体だったためキープしました。

画像


さらに風が強くなり南下は難しいとの事で、木更津方面に戻りクロダイ狙いへ変更。

バースの橋脚を狙って、軽い仕掛けの落とし込みで狙います。
この釣りは、フックにガン玉を付けて、貝類、カニでもワームでもイケます。

画像


私の場合フリーで落とす際に、ラインを多めに出して糸フケでアタリを取っていきます。
数回の落とし込みの後5m位でラインが止まり、次の食い込みまで暫く待ってみる。
若干ラインが引き込まれたため、聞きアワセ気味にアワセを入れると掛かってます。
橋脚方向に走られラインが時々擦れる感覚が伝わりますが、ドラグが緩めなので切られず魚の向きを変えられました。

船長が船をバックさせてくれて魚を橋脚から離します。
橋脚から離してしまえば数回の突っ込みを躱すのですが、ロッドが手元近くから曲がると折れるので、ここは慎重にやり取りします。
船縁での攻防を制して、無事ネットイン。

クロダイはお持ち帰りしないので、写真を撮ってリリースします。

画像


暫く休憩しながら見学の釣りから復帰すると、再びヒット。
今回は橋脚に絡まなかったので、ゆっくりやり取りしてネットイン。
こちらも写真を撮ってリリースです。

画像


サバは2匹釣れて、一夜干しとムニエル用に捌きます。

画像


ムニエルで味を付けていますが、魚本来の旨みもあり、漁師が狙ってるのも頷ける旨さですね。

画像


次回はチャーターでシイラを狙うのですが、もちろんペン型ロッドで。
時間を掛ければ取れると言う感じでは無くて、それなりの時間で取る事にチャレンジしてみます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック