シイラ ルアー 共栄丸

今回は仕立てシイラ船で千葉の冨浦へ。
タックルはシイラ、カツオ用とバスロッドにペン型ロッドと軽装備で。
もちろん今回も主役はペン型ロッドです。


船宿 共栄丸 出船時間4:30
URL http://www.uzushio.net/kyouei/
船代 ¥10000 (10人で仕立ての一人あたりの料金) 氷付き
タックル ロッド:ペンシル型ロッド シマノスコーピオン1252F  メジャークラフトOBS60PE  
リール:シマノメタニウムXT  バイオマスターSW4000  
ライン PE 1.5、2.0号 リーダー フロロ8号 
ルアー TDミノー  その他年代物プラグ メタルジグ  
フック プラグはトリプル ジグは早掛けアシスト1/0

共栄丸は昨年新造した様で10人で仕立てましたが、ミヨシ以外は方舷で余裕で釣りが出来る大きさです。

画像


友人と釣り座はオオドモに取り、タックルを準備します。
一応ルアーを流せるように、ライトトローリングのロッドも持ち込んでいます。

主役のペン型ロッドは、リーダーを30lbに変更。

画像


ルアーも最低限しか持たず、バスロッドのミノーとペン型ロッドのジグを中心に使ってみます。

画像


潮目をメインに漂流物狙いの釣りになり、ペンペンながらシイラが上がる。

鳥山に遭遇しペン型ロッドに30gのジグで狙ってみます。

早速ヒット、青物系の走りにラインが止まらずドラグを絞めつつ、ロッドを折らない様にファイト開始。
綱引きファイトを多用して、水面まで来たところでリーダーを掴んで抜き上げ。

ソウダカツオでした。

画像


私の釣りあげたシイラはペンペンサイズです。
今回シイラをヒットさせたのはバスロッド+ミノーで5本くらい。

画像


そしてお約束の様に、ペン型ロッド折れました。
今回はジグを軽くロングジャークさせたら、呆気なくポキっと。

画像


もう帰港と言うタイミングでキハダのナブラに遭遇して、船長が友人のタックルを手に掛けましたがリーダー切れでアウト。

今回マグロは想定してなかったので、マグロタックルは持って行かなかったが、今年の相模湾はそれなりのタックルも準備しておいた方が良いですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック