ライトルアー (島きち丸)2020-2

先月に続けて今回も片瀬の島きち丸へ。
平日2隻出しで結構人気ありの釣り物です。

船宿 島きち丸 出船時間6:30
URL https://shimakichimaru.com/
船代 ¥5500  氷付き 駐車場無料
タックル ロッド: テールウォーク  SALTY SHAPE"LIGHT JIGGING"C66/80 SALTY SHAPE"LIGHT JIGGING"S66/80
リール:シマノ バイオマスターsw4000 クラド300H
ライン: PE  1.2 1.5号 リーダー フロロ 30lb
ルアー: メタルジグ40~120g    
フック :アシストフック各種

タックルはスピニングメインでベイトの2本立てで準備。

20200928 (1).JPG

ジグは適当にブルー系とピンク系を中心に揃えて、タチウオも釣れている様なのでパープル系も入れてみます。

20200928 (2).JPG

ポイントは茅ヶ崎から相模川河口へ向かうとアナウンスがあり、状況も若干渋めとの事。

20200928 (3).JPG

ベイトの反応から30m位のレンジを狙う感じで、ジグも60gあたりで開始。

船中ポツポツとワカシ、イナダ、サバが上がっていますが、私には掠りもせず嫌な予感が走る。

後半に入り茅ヶ崎方面に鳥山が出来て50mレンジからの反応を狙います。
タックルをベイトに替えて、エビング風のトレーラーをジグのテールに付けてみます。
ゆっくり目のジャーク開始早々にアタリがあり、久々に魚の引きを味わいながら上がって来たのはイナダ。

20200928 (4).JPG

オカズはキープしたので、トレーラーを外してセミロングジグの100gへ替えてみます。
その後はフォールで一回止まるアタリが出ただけ。

20200928 (5).JPG

船近くの鳥山表層にパシャパシャ魚が出てきたので、スピニングに替えよう思ったが間に合わないかな?と思い、ベイトのままジグを60gへスイッチしてキャスト。
表層でジグを軽く躍らせると早速ヒット。
軽く走りながら上がって来たのはヒラソウダです。

20200928 (6).JPG

イナダ、ヒラソウダ共に刺身メインで食べてみました。
ヒラソウダはかなり久々でしたが、小ぶりでも旨いですね。

20200928 (7).JPG


次回はランカーシーバスか東京湾系統で何か狙ってみようと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント