ジギング 川津 不動丸

友人から外房ジギングの誘いを受けて、勝浦川津港 不動丸へ。
席は船宿にある札を取って港へ集合。
不動丸は船宿と港が離れていることと、船宿前の道路が細いので車のすれ違いに注意。

船宿 不動丸 集合5:30
URL http://www.fudoumaru.jp/
船代 ¥11、000 氷付き  
タックル ロッド: モーリスVLJ-63-Lv3 VLJS-63-Lv3 
リール:シマノ ツインパワーSW6000HG オシアカルカッタ300H 
ライン PE 2号3号 リーダー 40lb50lb
ルアー  メタルフリッカー120g 160g CBマサムネ135 155g シャウト 130g 155g 180g         
フック  アシストフック自作 ダブル3/0 4/0 シングル4/0

ルアー船の釣り客は私と友人の二人だけだったので、まさにチャーター船状態。
船の装備も良く綺麗です。

画像


タックルはPE2~3号タックルで、ベイトとスピニングを各1本づつ。
ジグも100~200gを適当にチョイス。

画像


前日の風が残る中、40~50mラインから開始。
130gのシルバー系ジグから始めてみます。

暫く沈黙が続き、友人に待望のヒット。
ラインの出され方を見ると、小物では無い感じ。
タックルがライトなので、苦労しながらファイトしていましたが残念ながらラインブレイク。

画像


探検丸の画像 底近くに若干反応が出ている感じ。

画像


その後はランガンしながらポイントを変えていきますが、フォールでアタリが出る程度で盛り上がり無し。
30m位のポイントを攻めてみても、水が濁っている感じでアタリ無く移動が続きます。

後半になり友人がサゴシをキャッチして、私は良いところ無く空振り三振です。


今回釣り客は私たちだけだったので、深場中心に狙ってもらう様にすれば良かったかな?と言う感じです。

下船後に貰った弁当が結構旨かったのが、今回最も印象に残ったところかな。

画像

"ジギング 川津 不動丸" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。