テーマ:Cygnus X

シグナス定番メンテ

Cygnus定番メンテと言われているワンウエイクラッチ交換です。 エンジンを掛ける時に「ガガッ」と音が出始めたら、この部品が傷み始めています。 交換は簡単でプーリーを外してストッパーを外せばワンウエイクラッチの交換可能です。 構造的にスプリングでワンウエイクラッチのローラーにテンションを掛けているタイプなので 強化されたエン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いらないね

一度は装着してみたが、今では外してしまったアフターパーツを独断で斬ってみました。 キタコベルト (装着初期にかなり滑る フィーリング合わず) キタコハイスピードプーリー/プリーフェイス (出来としては悪く無いと思うが走行フィーリング合わず/今後再装着する可能性は有る) デイトナCDI (そこそこ良いフィーリングだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンジンセミオーバーホール

新車購入から2年で走行約10000KM メカニカルノイズも出てきた為腰上のセミOHを実施。 燃焼室に少しカーボン溜まってます。 使用ガソリン:ハイオク 使用オイル :カストロール シンセティック (800~1000KMごと交換) 懸念されていたハイカムやロッカーアームの摩耗無し。 シリンダーおよびピストン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電気系統トラブル

全開走行中エンジンがブローしたか?と思える突然のスローダウン発生。 惰性で走行している間に若干不調ながら復帰。 とりあえずエンジンのO/Hを視野に入れつつ暫く様子を見ることに。 その後時々エンジンの吹けが悪くなることも有ったが、始動性が悪くなる程度で 半月位無難に経過。 数日前に巡航中に絶不調に陥りエンジンが失火したと思うと急…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッテリ

冬の一時期とゴールデンウイーク前からシグナスに乗らなくなってしまい、気が付けばバッテリ上がってましたよ。 原因としてはタコメーターのバックアップ電源からのリーク電流でバッテリが放電してしまい充電しても復帰不能状態。 とりあえずオークション等でバッテリを探すも国産系のバッテリは高く、それではと安い外国製を探しましたがチョット性能が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノーマルキャブ

ハイギヤ破損でノーマルギヤに戻したところで、キャブもノーマルへ戻してみました。 駆動系のセットを変更せずキャブのセッティングは昔のデーターを参考にMJ#108にセットして走ってみましたが、パンチが無いと言うかマッタリした感じで遅いです。 W/Rを換えたりアレコレやってもイマイチ。 結局プーリーを変更してかなり良い所までセット出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

07台湾仕様FI

会社の人が乗り換えで台湾製FI仕様を購入。 エンジンノーマルで乗るならこちらがお奨めかな? 装備は私の06’国内より良いですね。 ちなみに不満を聞いてみると、ブレーキの効きが甘いとの事です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイギヤ

某社ハイギヤ 歯面ガタガタ。 恐らく焼き入れが甘いと推察されます。 走行距離はおおよそ4000KM使用。 アフターパーツを装着した場合、時々チェックしないと危険ですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乗り換え組

某友人がGアクのブローを機にCygnusXに乗り換えました。 ノーマルの遅さにお奨めのチューニングメニューは?との問い合わせが有り、まずはエンジンのパワーUP以外は全てノーマルで乗ってみてくださいとアドバイス。 CygnusXの場合、市場にかなり豊富なパーツが出ていますからモディファイの選択肢も様々で、どんなマシンに仕上げて来るか楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CVK30の噂

CVK30を装着するにあたって色々情報が出ていますが ①ノーマルのフロートチャンバーがポン付けで使える ②ジェットはノーマルと同じ番手でOK ③オートチョークはノーマルと入れ替えればコネクターもポン付けでOK ④メインブリードパイプ(メインジェットホルダー)を入れ替えればノーマルジェット使用可能 ⑤ノーマルエアクリーナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノーマルVSアフター

ノーマルマフラーとアフターマフラーの差は如何な物か軍配はどちらに・・・ 今回、軽量クーリングファンをノーマルへ戻すついでにマフラーもノーマルへ戻して、 その違いを検証してみました。(軽量ファンは噂どうりに油温が上がります) とりあえずノーマルをポン付けしてみると、まずキャブセッティングが合ってない様で吹け上がりが鈍く感じます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CVK30

シグナスX定番チューニングパーツのCVK30、FSN製とオプティマムセレクションの2種類リリースされていますが、今回オプティマムセレクションの方をチョイスしました。 私のシグナスは国内仕様の為、取り付けに際し若干の修正が必要となります。 オートチョークはノーマルとコネクター形状が違う為、ノーマルのオートチョークと入れ替えてみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイギヤ

現在エンジンをある程度チューニングしてCDIもリミッターカット仕様を入れていますが、下り坂や長い直線のトップスピードでエンジンがオーバーレブ気味になる感じがどうも嫌でハイギヤを投入してみました。 2stならばレブらせても簡単に壊れはしませんが、4stはあまりオーバーレブさせるとルブ系がクラッシュする可能性が少なくないですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吸気系バランス

吸気系のチューニングとしてエアクリーナーを取り外す直キャブ仕様、これがパワーを求めて行くには手取り早い訳ですが、いかんせん吸気音が多き過ぎて今のわたくし的にはNGなんです。 そこでCygnusのエアクリーナーはケースの面積に対してエレメント面積がかなり小さく設定されている事から、エアクリーナーのエレメント以外の部分を、キタコの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マフラー考察

アフター製品マフラーはノーマルよりもメインパイプの径を太くしパワーUPやルックスの向上を狙った仕様が多いですね。 マフラーのメインパイプ径を太くした場合、エンジン高回転時は抵抗が減り理論上はパワーUPしエンジン低回転時には排気ガス流速がノーマルよりも落ちてしまいトルクダウンと考えがちですが、吸排気系のバランスが悪いと全域ダウンとな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セットアップ

デイトナベルト交換後、ボスワッシャーを0.5mm追加してトータル1.45mmとりあえず駆動系のセッティングは終了。 4stのCygnusはトルクがフラットな為、セッティングは比較的楽だ。 マフラー変更に伴い、今まではクリーナー変更とジェット交換程度の吸気系変更でしたが、Cygnusのノーマルクリーナーケース&フィルターの吸気バラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メンテナンス

キタコプーリーへ交換後のチェックとして、駆動系をチェックしてみました。 どちらかと言うとマッタリ系の経済仕様に仕立てたつもりでしたが、バラしてみると 予想に反して走行2000km程度のベルト側面が傷んで繊維が出てしまっています。 kosoからキタコに変えた影響か微妙に駆動系ケースと接触か?と思われますが、ストップ&ゴーの多い使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CVKキャブレター

CVKキャブの特徴として、スロットルバルブとベンチュリーピストンの2系統で燃料供給のバランスを取っているので、ある意味スロットルを急開してもオートマチック的に燃料供給してくれる扱いやすさを持っています。 しかしエアクリーナーを取り外したり低抵抗のエアエレメント交換でキャブ前の吸気抵抗が変化した場合、燃料供給をベンチュリーピストンの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2006’

2006’は2stのGアク、Runnerを手放し4stのCygnusXへスイッチ。 Runnerは保管して2台態勢も良かったのですが、CygnusXはカスタマイズすると なかなか仕上がりが良かった為、完全スイッチへ踏み切りました。 このブログの本年度のアクセスはRunner、CygnusXのキャブセッティングに関する部分が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キタコハイスピードプーリー

ここ数ヶ月でマフラー交換や若干のモディファイを行っています。 今回は以前仕入れて保管して有ったキタコプーリーを装着してみました。 Impression ノーマルよりプーリー径は大きい。 最高速は若干UP。 純正、KOSOに比べて作りは丁寧。 ベルトの落とし込みはKOSOより少ない。 セッティングはW/Rを若干軽めに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エアクリーナーケース

外側エアクリーナーケースのダクトを外して吸気増大を試してみましたが、 結果は手持ちのMJ(#108~118)だけではセッティングが取れませんでした。 とりあえずデイトナ製オーバーサイズMJを購入してはみたものの、暫くはノーマルケース のままとなりそうです。 現在マフラーを交換したりプーリー交換したりでMJ#108~112…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スタビライザー

お手軽に取り付けられるFフォークスタビライザー装着。 効果の程はブレーキングしてレーンチェンジやタイトコーナーでのFフォークの捻れ感が無くなって飛ばし派ならば付けた方がベターかな。 価格の方は台湾パーツならば8000円程度なので車体廻りのチューニングとしてはブレーキ系のモディファイの次にお奨めです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

車載工具

シグナスには標準で車載工具が付いていますが、プラグレンチと差し替えドライバーなので殆ど実用性が有りません。 せめてキャブセッティングやら簡単な作業が出来ればと思い、車載工具には何が必要かとアレコレ考えてみました。 通常使用している工具は仕事柄snaponなんですが、車載なら適当なヤツで良いかと思い、とりあえず100円ショップで何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RPMエアクリーナー

今回はRPMエアクリーナーエレメント ノーマルと入れ替えタイプでエレメント部がスポンジに変更されてます。 メンテナンス用に数回使える大きさのスペアスポンジも付いています。 クリーナーを交換して吸気抵抗が低減されている事は高回転時のフィールで判るのですが、感覚としてはかなり微妙です。 またノーマルがCVキャブである為、エア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AIS

定番チューニングのAISカットです、除去した後のメクラ蓋を自作しようと思っていた所、パーツ屋に700円位でヨシムラ製のSR400用が売っていたので、即買いしてしまった。 殆どの方がAISの本体パイプごと除去するのですが、ヘッド→ガスケット→メクラ蓋→AISパイプの順で取り付けて、オリジナルパーツを残したままのカット仕様にしてみまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイカム

メーカー不明のシグナス用ハイカムを入手したので取り付けてみました。 さすがにロッカーアームとか外すからヤマハのスペシャルツールを 購入したのですが、スライディングハンマーやタペットアジャストは 思ったより値段が安かったです。 この辺の作業は4stの構造が有る程度理解されていないと、難しいかも しれません。 画像では判…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイコンプピストン

友人から台湾仕様のピストンを加工したハイコンプピストンを貰った為、試しに組んでみました。 ハイカムも手元に有るのですが、それは次のステップで組み付けてみます。 シグナスは4stなので2stのアクシスやRunnerよりもピストン交換は面倒ですが、4stの知識さえ有れば簡単に交換可能です。 要点はバルブタイミングとタペットクリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャブセッティング

シグナスのキャブは一般的なCVタイプが付いています。 キャブへのアクセスはメットインを外すと簡単にジェット交換可能なので楽です。 MJはケイヒン丸形小 標準は#105 今回はキタコの#108、110、112、115まで揃えてみました。 それから新車のお約束であるエンジンオイルの交換 金網のフィルター部をチェックしてみま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディスクとパットの相性

KOSOディスクとノーマルパットの相性が悪く特に雨の日の初期制動が最悪だった為、 試しにベスラのパットへ交換してみました。 交換後の効きは良好ですが、ブレーキング時の音が結構気になります。 ついでにステンレスメッシュホースを装着してFブレーキ廻りはひとまず完了と言う所です。 メッシュホース装着に際して、Fフォーク部のステ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アナログ油温計

ノーマル状態でエンジン油温がどの程度なのか把握しておかなければと思い、油温計を取り付けてみました。 本来ならばデジタル式の油温&タコを導入したかったのですが、デイトナ製の物が廃盤らしくなかなか見つからず、お手軽な価格でフィラーキャップ交換型のアナログタイプを見つけた為購入。 まず計器類の誤差を見るのに良く使う手で、沸騰した水の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more